カプセルホテルの歴史

■ カプセルホテルの歴史

カプセルホテルは、あの有名な建築家、黒川紀章氏によって考案されました。
その後1979年、大阪の見達和夫氏が、安くて気持ち良く眠れる、サラリーマンが癒やされる秘密基地…、として実際に開業しました。


スポンサー

インターネットでチェックする「3つのポイント」

1.値段
 2,000円〜4000円くらいが相場でしょう

2.大浴場 サウナ
カプセルホテルでは個別のトイレ・風呂などがないため、差別化のため大浴場とサウナに力を入れています。
ホテルによっては普通の風呂以外に泡風呂や露天風呂・低温風呂などを備えている場合がありますので、リラックスしたい方は、インターネットで「浴場・サウナ」をチェックしておきましょう。

3.娯楽・休憩施設
カプセルホテルでは、少しでもくつろげるように、カプセルエリアの外に休憩スペースがあります。
カプセル内は禁煙ですし、あまり飲食できないので、このスペースはかなり重要です。
なので、休憩スペースの広さと設備(特にソファーの座り心地)の充実度は、カプセルホテル選びの重要なポイントになります。



カプセルホテルに泊まる場合、予約はいらないので、空いているカプセルホテルを見つけて、宿泊の申し込みをします。
しかし、いざというときに場所が分からなくて、迷ってしまう…、ということが良くあります。
なので、あらかじめインターネットで検索しておくようにしましょう。


スポンサー
posted by ISCプロジェクト at 00:31 | Comment(0) | カプセルホテルの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。