カプセルホテルの概要

■ カプセルホテルの概要

カプセルホテルを難しく説明すると、「都市部に存在する短期滞在型の宿泊施設」ということになります。

ホテルですが、それぞれの部屋は無く、「カプセル」と呼ばれる就寝用のBOXがあるのみです。
畳でいうと、1畳〜1.5畳くらいで、高さは、座ると天井に頭がつくかつかないか…、といったごく狭いスペースです。


スポンサー

カプセルホテルのカプセルは、電車の寝台車みたく2階建てになっており、中には寝具、テレビ、ラジオ、目覚し時計などの一通りの道具はそろっています。
ただし、洗面所、トイレ、休憩所、風呂は共同です。また、風呂に関してはサウナ付きのカプセルホテルが多いようです。
カプセルホテルに泊まらず、サウナや浴場のみの利用も可能ですので、カプセルホテルのフロントで聞いてみましょう。

宿泊費用は二千円台〜四千円程度と安く、短期の出張や旅行で費用を安く上げたい場合に最適の施設と言えます。
また、普通のホテルがどこも満員の場合でも、カプセルホテルが空いていることもあるので、いざというときの宿泊所として使えます。

私は、タクシー代と比較して、カプセルホテルを利用するのか、タクシーを利用するのかを決めています。




■インターネットでチェックする「3つのポイント」
1.値段
 2,000円〜4000円くらいが相場でしょう

2.大浴場 サウナ
カプセルホテルでは個別のトイレ・風呂などがないため、差別化のため大浴場とサウナに力を入れています。
ホテルによっては普通の風呂以外に泡風呂や露天風呂・低温風呂などを備えている場合がありますので、リラックスしたい方は、インターネットで「浴場・サウナ」をチェックしておきましょう。

3.娯楽・休憩施設
カプセルホテルでは、少しでもくつろげるように、カプセルエリアの外に休憩スペースがあります。
カプセル内は禁煙ですし、あまり飲食できないので、このスペースはかなり重要です。
なので、休憩スペースの広さと設備(特にソファーの座り心地)の充実度は、カプセルホテル選びの重要なポイントになります。


カプセルホテルに泊まる場合、予約はいらないので、空いているカプセルホテルを見つけて、宿泊の申し込みをします。
しかし、いざというときに場所が分からなくて、迷ってしまう…、ということが良くあります。
なので、あらかじめインターネットで検索しておくようにしましょう。



スポンサー
posted by ISCプロジェクト at 00:29 | Comment(0) | カプセルホテルの概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。